辛子明太子、熊本の赤酒仕込み辛子明太子「五山房」(ござんぼう)へいらっしゃいませ。

電話番号


赤酒へのこだわり!

赤酒は、その造り方から、灰持酒(あくもちざけ)と呼ばれる日本酒の一種です。
醸造したもろみに灰を混入させることで、独特の甘さと風味を持ちます。
熊本では冠婚葬祭時によく飲まれ、特にお正月のお屠蘇と言えば、これを指します。
味醂としても使われる、熊本ではなじみの深いお酒です。
その名の通り、赤みを帯びています。
熊本にこだわるから見つけた、熊本ならではの味です。


熊本へのこだわり!

私共は、熊本の豊かな風土で育った「水・酒・塩・醤油・唐辛子」の五つの素材を中心に、 厳選したすけそう鱈の卵を約120時間かけてじっくり寝かせながら製造致しております。
漬け込む為の素材に加え、当社が掲げる食の三原則「安全・新鮮・厳選」のこだわりが、 上質な本物のおいしさを提案出来るものと信じております。
赤酒めんたいの他に無いおいしさを、ぜひ御家族皆様でご賞味下さいませ。


素材へのこだわり

調味液
●仕上げに使う昆布出しが効いた「仕込み液」は、
●水---地下水
●塩---天草産
●醤油---老舗の醤油屋(やまよね)
●酒---赤酒
●唐辛子(漬込み用)---清和

こだわり素材
●無着色の塩たらこ100%使用
●塩分は約5.5%の低塩素材
●北海道利尻産昆布使用

仕上げ
漬け込み調味液に加え、無添加の魚醤や梅酢等を加えたこだわりのつゆを使用しております。